来てくれた&遅い成長

昨日の朝のキッチンでの出来事。

「ジッくんが来てくれた」

ような気がした。



四十九日が近づき、そして過ぎたら、もう少し和らぐから大丈夫、

そう自分に言い聞かせてきたのだけれども、

変わらなくて。

愛しさの涙を流していよう、とは思ったものの、

ずっとこのまま、本当の笑顔でジジを想うことができなかったら、

私の中から可愛いジッくんがいなくなっちゃう?

という考えが頭をもたげ、しゃがみこんでしまいました。

そしたら、トコトコって、あの日、夢に出てきたふわふわしたジッくんが私の顔のところに来た。

ような気がしたの。

「大丈夫。」

そう言いに来てくれたのかな。



そうなの?ジッくん?

帰ってきたみっちゃんに話したら、

「よかったね。…よく分かんないけど」と言われました。

やっぱり妄想なのかな。

妄想ジッくん。ちがう、妄想ジジママか。



ブレブレだけど、お散歩が楽しみなラーたん。

玄関までダッシュ!



ひとりでも歩けるもん!のなのよ。

ジジの真似ばかりしていたララがジジの代わりに、

こっちの道行くー!

道のあっち側を歩きたいー!

と、自己主張するようになりました。

ララは今、だいぶ遅い、心の成長をしているのかもしれない。



プロフィール

Author:ジジママ


Mシュナ・ジジ♂とララ♀。

ふたりと家族になった私の大切な毎日の日記。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ