百か日

百か日。

卒哭忌。

泣き叫ぶことを終える頃、

泣き暮らすのはもうお終いにする頃。

…大丈夫、ちゃんと暮らしているよ。

けど、ママはジッくんに会いたくて愛しくて、涙は枯れません。



ジッくん、見てた?この百日。

お花をたくさんいただいたよ。



優しく悲しみに寄り添ってくれたね。

寂しくなる頃、またひとつ。



元気になぁれ、って言われたよう。

四十九日にと、またひとつ。



温かい気持ちと一緒に遠くから。

届く箱を開けるたび、涙がこぼれました。

お父さん、お母さん、お友達もジジに会いに来てくれたよ。

すぐさま駆けつけてくれた、

仲間で来てくれた、

雪の中、突然現れて驚かされた、

お線香あげに…と来てくれたのにお線香がなくて笑った、

そんな悲しく優しい訪問。

来たいと言ってくれた方、メールをくれた方。

素敵な葉書も届いたよ。





まるでジッくんからお手紙が届いたみたいで、

ママのハートはきゅんとなりました。

最初は誰にも会いたくなくて逃げるようにしていたララとの散歩も、

そうはいかなくなった頃、

いろんな人に声をかけてもらったよ。

あれ?ジジくんは?

あれ?もうひとりは?なんでひとりなの?

どうしたの?どうして?どうして…。

突然だったし、元気な姿しかなかったから、みんな驚いて言葉を失ってたよ。

だから、ママは頑張って話した。

仕事の車を降りてきてくれたママさん。

玄関から駆け出てきてくれた、ママさんと息子ちゃん。

大粒の涙を流してくれたお隣の奥さん。

ララに寂しいね、頑張るんだよと言ってくれたおじちゃん、おばちゃん。

ごめんなさい、と謝らせてしまった保育園のお迎えのお母さん。

その他…いっぱい。

何も言わないけれど、そっと目で気持ちを送ってくれた方も。

ジッくん、あなたは皆とお顔を合わせながらお散歩するから、

いろんな方に好かれていたのね。

可愛いねって、撫でてもらうのが大好きだものね。

ジッくんへのお花、

ジジくんのイメージだよと送ってくれたお花、

ジッくんへの言葉、声をもらい、

あなたが生きた証が、家族以外のところにも、町や人にもあると感じられたママです。

ジッくん、ちゃんと見てた?受け取れた?



悲しみと寂しさと一緒に、優しさとジジの存在の大きさをいっぱい感じた百日。

でもやっぱりママもジジも小さくて、納得いく気持ちは見つからないまま、時間が流れた百日。



最近、ちっとも夢に出て来てくれないけど、

どこかに遊びに行ってるの?

パパがね、きっと、どこかのランドのコみたいに、

あちこち同時には現れられないんだって言うのよ。

誰の夢に会いに行ってるのかな。

ジッくんに会った人がいたら、連絡くれないかな。

ふとしたとき、

ジッくんが側にいるように思えるときがあるの。

ララの頑張り、見てる?すごいでしょ。応援しててね。



長かった冬も終わって、

季節がひとつ進んで桜も咲きました。



ママも少し変わったよ。

白髪が増えて(笑)、

家に生花を絶やさないようになったよ。











あのママが!?驚きでしょ。

写真を忘れたり、お花選びに失敗したりしながら。

お花、見てる?

ママは白や黄色のお花を選びがちね。

たまに他の色のお花にすると、パパに驚かれてね。

そうそう、チワワに襲われたよ。

散歩中、ララめがけて走って来て、

咄嗟にララを抱き上げたら、ママの脚をカプって。

あんなに小さな歯なのに、すごい痣になって。初めて犬に噛まれたよ。

もしララが噛まれていたら大変なことになってたから、

ジッくんが助けてくれたのかな?

ジッくんとママの場所に、ジッくんがいなくて寂しいよ。

いつもくっついて過ごしていた、ふたりの場所。

ママが座れない時はジッくんがひとりで寝てて。

さぁ、ママも座ろう!って思うと、

何も言わないのに、スッてジッくんがどいて、

そこに座ったママのお膝にいい?って膝に入ってきて。

幸せで暖かい場所。

これからも大事な場所。

お引越ししたり、どこかに行ったりしても、ずっとずっと作るから。

ママとジッくんのふたりの場所。



そんな気持ちを他にも形にしたくて作ったよ。

朝ドラのべっぴんさんの真似っこ。



写真ケース。



可愛いジッくんとママはいつもどこでも一緒。

心のポケットにだってジッくん、いてくれるんだもんね。

いつもいつもずっとずっと一緒。

大好きよ、ジッくん。

来てくれた&遅い成長

昨日の朝のキッチンでの出来事。

「ジッくんが来てくれた」

ような気がした。



四十九日が近づき、そして過ぎたら、もう少し和らぐから大丈夫、

そう自分に言い聞かせてきたのだけれども、

変わらなくて。

愛しさの涙を流していよう、とは思ったものの、

ずっとこのまま、本当の笑顔でジジを想うことができなかったら、

私の中から可愛いジッくんがいなくなっちゃう?

という考えが頭をもたげ、しゃがみこんでしまいました。

そしたら、トコトコって、あの日、夢に出てきたふわふわしたジッくんが私の顔のところに来た。

ような気がしたの。

「大丈夫。」

そう言いに来てくれたのかな。



そうなの?ジッくん?

帰ってきたみっちゃんに話したら、

「よかったね。…よく分かんないけど」と言われました。

やっぱり妄想なのかな。

妄想ジッくん。ちがう、妄想ジジママか。



ブレブレだけど、お散歩が楽しみなラーたん。

玄関までダッシュ!



ひとりでも歩けるもん!のなのよ。

ジジの真似ばかりしていたララがジジの代わりに、

こっちの道行くー!

道のあっち側を歩きたいー!

と、自己主張するようになりました。

ララは今、だいぶ遅い、心の成長をしているのかもしれない。



7×7

今日は四十九日だそうです。

朝、友達からのメールで知りました。ありがとう。

私、数え方を間違えていて明日だと思っていたの。

私は無宗教だけど、それでもやっぱり意識する…。



ブログを開いたときにジジの姿が現れなくなるのが寂しくて。



おもちゃが大好きなジッくん



ララちゃんは大丈夫?

と、よく声をかけてもらいます。

最初はなんとなく大丈夫そうでしたが、

少し経った頃、寒さも重なり、

体調が悪くなりました。

が、強い子ラーたん!元気になってきています。



相変わらず写真は嫌いで、カメラには可愛いお顔をしてくれません。

ララの変化といえば…。

ママの膝はジッくんの「指定席」、横がララの「仕方ない席」、だったのだけれど、

ジジがいなくても、しばらく、横の「仕方ない席」にいたのが、

今は、膝にいるようになりました。

ジッくんが譲ったのでしょうか。

ララが膝にいると、ジトーと目で訴えていたジッくんが。

ジッくんはママの中の特等席にお引越ししたのかな。

なんてね。

大切にしてた

好きでずっと読んでる、どこかの動物病院の先生のブログ。

今日のタイトルは、急性心不全。

http://oak-animal.com/blog/急性心不全/

タイトルを見たとき、どきっとした。

ジッくんもおそらくこれ?

読もうか読むまいか迷った。

悲しみが増すことが書いてあったらどうしよう…。

…読まずにはいられなかった。



「いつでもどこでもどんな動物でもおこりえる病気です

予防もない、前兆もない

・・・・・

一日一日を大切にしましょう」

って書いてある。

私、他のことは自信ない。

でも、ジッくんとララに対しては、

一日一日を大切にしてたって言える。

何より大切にしてた。

noriranさんからもらった言葉も心に蘇る。

また少し、あの日のことを受け入れられるような気がした。

愛しさの涙

あんなに飛ぶように過ぎていた毎日が

ピタッと止まりました。

寝ても寝ても朝が来ない日。

まだお昼前なのに夕飯の支度をしなくちゃと慌てた日。

そんなおかしな時の流れを体を張って戻してくれているのは、

小さな、か弱いララです。



ジジがいなくなって、ノートを買いました。

家族、友人からの、ジジに掛けてもらった言葉、

私に寄り添ってくれた言葉を書き記しています。

こうしてあげたかった、ああしてあげたかった、こんな日々を送らせてあげたかった、

そんな心の声も書いています。

もう何もしてあげられない悲しみ、

寂しくてどうしようもない気持ちも書いています。

でも、それだけじゃありません。

ジジがくれた優しい気持ち、

温かい日々、

最後のちょいちょい、への想い、

夢で会えたときの喜び、

どんなに愛しいか、

自然に心に浮かんだときに、その気持ちが悲しみに埋もれないように、書いています。



ジジがいない部屋は静かです。

おもちゃで遊ぶ音がしない。

おもちゃで遊ぶのを見てて、

お膝に入れて、

眠るまで撫でていて、

おはよ、

もうそろそろご飯だよね?

お散歩いこ?

どこ行くの?

ママどしたの?

ママ…

そんなジジの眼差しがなくて静かです。

そっといつも寄り添ってくれていたジジがいなくて静かです。

ジッくん、キミは声をたてないし、静かな子だけど、

目と体でたくさんおしゃべりをしていたんだよね。

そんな、音にならない音で我が家は賑やかだったの。



ララの前では泣かない、と決めたら、

キッチンで背を向けているとき、

ララが寝た後、

ひとりになったとき、

溜まった涙が流れます。

いつか泣かなくなるかな?と思うのはやめました。

涙が出るのは、ジジといた時間が幸せだから。大事だから。

そういってくれた人がいます。

いつまでも涙を流そう。

泣いているんじゃない、ジジを愛しんでいるだけ。

…そういえば、私、ジジが側にいたときも何度も、

愛しいあまり、抱きしめて涙していたなぁ。

理由を聞かれ、可愛くて、と答えてよく笑われたっけ。

愛しいと涙が出るもの。そうだよね?

ララちゃん、それぐらいはいいよね。



あたちが見てないときだけねのなのよ。

プロフィール

ジジママ

Author:ジジママ


Mシュナ・ジジ♂とララ♀。

ふたりと家族になった私の大切な毎日の日記。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ