スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とんがり

この夏、ジジララ、ちょっぴりイメチェン。

IMGP3220.jpg

基本ふにゃり顔のジッくんですが…

はい!下向いて~、

IMGP3223.jpg

およ♪だいぶ、とんがってきた!

ちょっとだけ上向いて~!

IMGP3225.jpg

「ちょい悪ジッくんぜよ」(笑)。



…ララも伸ばしてみたけれど、いまいちとんがらない(困)。



************************



モカままごんのリクエストにより(笑)ララ登場~。

じっとしていないララ…思う角度で撮れないんだ~、ブレるし(笑)。わかるかな~?

IMGP3253.jpg

「あたち麿呂のほがいい?」

ララの眉…垂れさがらず、ひさしみたいにまっすぐ前にいっちゃう。

中をもっとえぐるんだよね。

って書いてたら、切りたくなった(笑)。

チョキチョキ…

IMGP3284.jpg

「とんがラー」(笑)



スポンサーサイト

朝のひとコマ

朝、リビングのドアでみっちゃんにバイバイするジジララ。

私はその先の玄関でみっちゃんに「行ってらっしゃい」。



そして、リビングに戻ると…



リビングの隣・玄関に近い畳の部屋の窓に駆け寄り、

再度お見送りしているジジ。

IMGP2928.jpg

「ボクを置いてお仕事に行っちゃうでつ(寂)」

ちゃんとパパの行く方を見ているジジ。

後姿がせつなくてかわいい。。。



そんなジジを見て、何事?何事?と駆け付けるララ。(ジジを押しのける)

IMGP2930.jpg

「え?え?なに?なに?なに?なに?(楽)」

おにいちゃんの真似して、覗くけど…よく分かってないララ(笑)。

後姿がなんとも無邪気でかわいい。。。



…結局、なんでもジジララはかわいいという話(笑)。






富士山

「いつか富士山に登ってみたい!!!」

山を歩くようになって、その思いは強まって、ついにこの夏実現!!

モカままごんと行ってまいりました。



春にはロングコースにトライしたり、初夏には標高の高い山にも挑戦!

7月には高尾山~城山、高尾山単体で、2度の足慣らし。

高尾単体では、頂上への最後の階段を2往復(爆)。



いよいよ挑戦の日。

8月8~9日。夜間登頂。星空とご来光を期待して。



8日夕方。

新宿駅をバスにて出発。

八王子でモカままごんと合流。

超ハイテンションなふたり(笑)。

19時15分に富士山吉田口5合目に到着。

約30分の体慣らし(標高に慣れるため)&準備運動をして、

19時50分にいよいよ出発。

道は真っ暗。

先ゆく人・下山者のライト、そして自分たちのライトが頼り。

夜の山は初めての私は、道の見えないことにかなりとまどっていました。

でも振り向けば、下界の街明かりが見えます。…まだ見えました。



6合目。

ポツポツ雨が降り出し、レインウェアーを装着。

7合目ではもう完全に雨。

視界は、雨と風を避けるためと闇に遮られて、自分の足元がやっと見られるぐらい。



「8合目になったら、きっと雲の上だわ。そしたら星空が…きっと…」



期待を胸に足を進めます。

あくびがいっぱい出てきました。

夜ですが、眠くはありません。

酸素が足りないんだ…少し不安…(高山病が)。



…8合目も雨。



「9合目に着いたらきっと…きっと…」



寒さと雨に打たれながらの登山に、体は疲れる一方。

私に懸念されていた高山病は出ないようだけど、(私には…でした)

岩場を登る中で、足の付け根が痛くなりはじめる…。

「いやだ。こんなことでは断念しないもん!」

ままごんも「平気」と言っているけれど、辛いのは一緒に歩いていれば分かります。

でも、引き返したくない気持ちは同じはず…。

一歩一歩足を進めます。

楽しみにしていた山小屋での暖かい休憩。

その期待も裏切られ(雨のせい?山小屋での休憩は不可でした)、

寒い外で雨に打たれながら、ココアとお味噌汁で暖を取って、気持ちも温めます。

もう星空はあきらめる。ご来光だってあきらめる。

だからお願い。。。雨よ止んで。。。

「とりあえず上に行こう。ご来光はあきらめて、すぐ下山しよう。

 でも、とりあえず上にだけは行こう。」

登ります。




…やっぱり9合目過ぎても雨。




団体ツアーがいれば、明るい山道も、

団体と離れると暗闇の中に小さな灯りがふたつ。

少しでも前を照らそうとライトを持ち上げます。

寒くて凍えそうで、体を小さくして登ります。

風に負けそうにふらふらすることもありました。

ゴロゴロ雷の音も聞こえたような…。

でもここまで来たら、登るしか道はない。

登り始めは客観的になっている自分がいたり「富士山にいるんだ~あたし(笑)」、

雨が降り始めた時は希望ばかり唱える自分がいたり「寒いよ~雨止んで欲しいよ~星空が見たいよ~」、

でも、9合目過ぎてからは、「何が」「どう」とかなくなって、

ひたすらに上に向かう気持ちしかなかったように思います。



最後、いつもは後ろを歩く私が前に出て、歩き始めました。

ただただ足を進めていたので、後ろから「鳥居だよ」と言われて、

初めて頂上への鳥居が目に入ります。

雨と風で頂上の様子はよく見えません。

鳥居をくぐって階段を少しあがったところに、小屋?。

「でもここなんだ。頂上なんだ。私、登ったんだ。」

登りきったとき出た言葉は「しんどいよ~」でした(笑)。

ままごんと手を取って「やった~!」と感動したのも束の間…

「…降りよう」

雨と風。寒さ。もう頂上に留まれる状態ではありません。

そうそう。頂上付近はひょうまじりの雨だったと思います。



さっさと下山を始めます。

もうご来光・星空なんて頭にはありません。

ただただ今度は降りることで頭がいっぱい。



下山の8合目まで、記憶がありません(汗)。

そして、おぞましい8合目がありました(笑)。

分かりにくい看板。視界は雨で狭くて、5m先の次の看板も見えません。

おかげで道を間違えたかと思い、一度引き返すことに。

下った道は、振り返れば、険しい登り。

なんとか山小屋まで戻って、道を確認。

…間違っていませんでした。

ひ~。。。

そこからは、もう「忍耐」の下り。

夜が明け始めて、少しは冷えが治まってきましたが、足はひ~ひ~言っています。

ヘアピンのような下り道。

折り返しに来るたび、デジャブのような風景に疲れが増します。

7合目まで来た頃、やっと、いつもの自分が戻ってきた感じがしました。

でも、足はひきづっているように見えているんじゃないかしら?というぐらい、思うように動きません。

夜がもう明けてましたが、雨は止みません。

結局、約12時間の登山のうち、11時間ぐらい雨に打たれてました。



やっとの思いで5合目到着。

このとき午前8時。12時間の山歩き無事終了。



軽く着替えて、バスの時間までの間、軽食をとりました。



電車の中で糸が切れそうになったけれど、なんとか奮い立たせて帰宅。

ジジララの大歓迎を受けて元気復活!「ママやったよぅ~」

そしてお風呂入って洗濯して…

「お腹空いた!」って残りのハヤシライスをモリモリ食べて。

気付いたら、爆睡してて、帰ってきたみっちゃんに起こされました。



…覚えている富士山の景色??

ヘッドライトで照らされた、小さいスポットの中の岩場。

山小屋の外でビバークするかのように、体を小さく丸めて座り込んでいる人。

暗くて寒くて冷たい雨。

もしかしたら、景色を楽しむ余裕がなかったのかな。

それは晴れてても一緒だったりして。

…笑。

満天の星空、ご来光、頂上から見る下界の風景、雲海、、、どれも叶いませんでした。

でも、一番の目標「富士山登頂!」は叶った♪♪♪

感謝です。ままごん、ありがとう。



思い描いていた富士山らしい雄大な景色は見られなかったけれど、

自分の期待と違う状況でも折れずに行けたこと、

しんどくてもとにかくやりきったこと、

それは私の中でずっとずっと残っていくでしょう。

晴れたときに登るより、いい経験をしたかもしれません。

…それにあのしんどさは、きっと紛れもない富士山のものなんだろうな。

登りきった充実感を大事にしようと思います。



と、そんな訳で写真を撮ることができずに戻ってきました。

文字日記で失礼っ(笑)。

そして、リュックの奥底で雨に打たれてしまった、

私に残された唯一のコンデジちゃん。。。壊れました(爆)。



…数日後…ある集まりにて…

ノンママが焼いてくれていた。

IMGP3059.jpg

どうも♪ありがとう~♪

応援してくれたみんなもありがとうございました♪



自分へのご褒美は「ハーゲンダッツ パイント食い」(笑)。

一度、食べてみたかったの。

外国の映画のように、おおきなアイスの箱をお腹に抱えてパクリって♪

IMGP3013.jpg

…でも実際は量を食べられるものでもなく(笑)、

何日にも分けて食べました。ぷぷぷ。



日々暑いけれど、ジジララと一緒にゆっくり過ごせる毎日に感謝♪

IMGP3008.jpg

IMGP3003.jpg






鎌倉雨女

お天気が続いた7月のこと。

「私も夏休み~」と実家に行ったのはいいものの…

その時に限って雨三昧。

この頃、実家に帰るたびに雨に合っている私は「鎌倉雨女」(笑)。



一日目は、雨の中、去年行きそびれた埜庵でカキ氷。

035.jpg

マンゴーみるく。うふ♪幸せ♪

お付き合いしてもらったモカままごんは、イチゴみるく。

042.jpg

お店のカメラ。こういう時代?に青春したかったな~。

学生運動とかフォークとか…憧れる(笑)。

カキ氷の後はチラリとお買い物して、我が家御用達の「安ラーメン」(うちでの呼び名)ランチ。

雨の中、サンキュ~。



二日目も朝は雨。。。

母とカーテン生地の調達に鎌倉スワニー。

父は女の買い物を察したのか、行かないって(笑)。

雨が上がるとぐんぐん気温も上がる。

そんな天気でジジララも、雨の間と気温を見ての夕暮れ庭遊び。

049.jpg

「次は秋に来るでつよ…。」

067.jpg

実家ご飯は幸せご飯。



3日目。

ずっと遊びに行けなかったジジララを、朝の海に連れて行きたいな。。。

「付き合うわよ~」と、私より早く起きてくれてた父と母。

077.jpg

「ママた~ん♪」

父もカメラ持参♪

088.jpg

雲がまだお日様を隠してくれている間に遊ばなくちゃ。。。

090.jpg

朝靄の中の稲村ケ崎。

今年は何年かに一度の大潮らしく?砂浜がとっても狭い。

103.jpg

その狭い砂浜を走り抜けたララ。デロデロだ~い!

やっぱり朝でも夏は暑かった(笑)。

でもでも少し運動もできて、楽しかったよね!

132.jpg

「びゅ~ん♪」 Photo by ジジ爺

146.jpg

「波に埋まるママにビックリのララ」 Photo by ジジ爺

砂浜が狭くて、油断すると、あっという間に波が足元にやってくる今の七里ヶ浜。

遊びに行く方はお気をつけて…。



すっかり実家慣れしたジジララ。(こんだけ帰っていれば当然か!笑)

私が留守にしている間も、父や母とすんなり過ごしてたらしい。

ジジは元々慣れてるけど、

ララもだんだん玄関に張り付く時間が短くなってるみたい~。

横で一緒にお昼寝したりしてね♪

安心感心♪


プロフィール

ジジママ

Author:ジジママ


Mシュナ・ジジ♂とララ♀。

ふたりと家族になった私の大切な毎日の日記。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。